会社倒産による役員の責任はどうなるのか

会社倒産による役員の責任を知るには会社というものを考えるとわかりやすいと思います。

株式会社であれば会社には株主がいます。
法律上は会社の資産は株主のものです。
会社の資産を管理しながら、効率よく運用し、資産を増やすのが、役員の仕事です。

株主はその役員を選ぶことができます。
役員の責任は会社の資産の管理と運用です。
その結果、会社が倒産して、多額の負債が出たとしても、役員が負債を返済する義務はありません。

会社が倒産すれば、会社の資産がなくなるため、株主が投資した資産がなくなることですので、株主は損失を被ります。
また、債権者に借入の返済がされないため、債権者も損失を被ります。
すなわち、会社倒産による責任は株主と債権者となります。

しかし、会社倒産による役員の責任があるケースがあります。
会社が銀行などからお金を借りる場合に、役員が保証人や連帯保証人になっている場合には、会社が返済できなければ、保証人や連帯保証人が返済しなければいけません。

本来であれば、会社の利益から返済する予定のはずが、会社倒産によって、利益が出なくなるため、保証人や連帯保証人は会社の債務を一括で返済しないといけません。

株主や債権者を欺く行為をして会社を倒産させてしまった場合には損害賠償責任として株主や債権者の損失の責任を取らなければならないケースもあります。

ただ、役員が業務を遂行し、その結果、会社が倒産してしまった場合には損害賠償責任になることはほとんどありません。

カテゴリー: 経営者の立場からの会社倒産 パーマリンク