会社倒産と未払い金回収について

不景気になり支払いが滞ってしまうと、未払い金を回収することが難しくなってしまいます。

未払い金とは、あらかじめ使うことを想定して購入したもののことです。
会社倒産してしまうと、回収することが難しくなってしまいます。

一般的には、未払い金を回収するには、次のような方法があります。

まず、どのような状況でも内容証明を送ります。
相手への催促にもなりますが、相手の反感を買ってしまうこともあるため、注意が必要です。
状況によっては、回収がさらに遅れてしまうこともあります。

次に、会社倒産した場合、会社を相手取って少額訴訟を起こすこともできます。
書類を準備し、当事者同士で討論し、実際に裁判をします。

そして、判決が下り、回収へとつながりますが、比較的短い期間で行えます。
司法書士などに代行することもできますが、手数料などがかかってしまいます。

また、成功した場合には、成功報酬とよばれるものを請求されてしまいます。
ただし、相手に返済能力がないと判断された場合には、未払い金を回収することができなくなってしまいます。

場合によっては、弁護士報酬を取られるだけとなってしまうこともあります。
会社倒産した際には、早期行動が必要となります。
時間が経つにつれて、回収するのは難しくなっていきます。

個人でもできるのは内容証明を送ることですが、簡単なうえ、手間や時間もかからないため、少額訴訟を起こすよりもメリットも多いと言われています。

カテゴリー: 経営者の立場からの会社倒産 パーマリンク