会社倒産手続きにおける弁護士費用の相場について

会社倒産の手続きを行う場合に弁護士に依頼することになります。

会社倒産には民事再生のような再建型と破産のような精算型があります。
民事再生は会社が債務超過に陥る手前で手続きを開始するため、
最悪の事態は回避することが出来ます。

民事再生は債務者主導で会社の再生を行いますので、経営者も継続することが可能です。

会社が存続して再建を目指すことから一般的な会社倒産のイメージとは異なります。

会社の再建にあたり会社の資産状況が悪化しないために、裁判所から選任された監督委員の同意を得て取り組まなければいけません。

会社を清算する破産手続きは所謂会社倒産のイメージそのものです。

会社の継続が困難になり、再建の道も閉ざされた場合に選択する最終手段です。
債務者の財産は全て換金して債権者の配当にまわします。
会社倒産に関する弁護士費用は負債総額や債権者数によって相場は異なります。

最も安い金額は負債総額が5,000万円以下の場合で弁護士費用は基本報酬も含めて60万円から70万円ほどが相場となっております。

負債の金額が多くなればなるほど弁護士費用は高くなりますので、負債総額が10億円以上になりますと400万円ほどの弁護士費用が必要となります。

さらに、債務総額が100億円を超えますと、弁護士費用は700万円ほどが相場となっております。
このように会社倒産の手続きにおいては多額の弁護士費用を必要とします。
だからといって弁護士に依頼せずに倒産手続きを行うことは困難ですし、
余計なトラブルを招く恐れがあります。

カテゴリー: 経営者の立場からの会社倒産 パーマリンク